証券会社の概要は

私法上の財産権を表彰する証券である「有価証券」の引き取り及び売買の取次をおこなう企業のことを「証券会社」といいます。
日本国内における証券会社は、世界各地に海外拠点をもつ「大手証券」、日本全国に支店網をもつ「準大手証券」、支店網に地域的な偏りをもち、地元密着型の営業手法をとっている「中堅証券」、リテール営業を主体としており、他では取り扱わない金融商品を取り扱う「中小証券」の4つに大別されており、大手証券には「大和証券」や「SMBC日興証券」などが挙げられ、準大手証券には「東海東京証券」や「岡三証券」などが挙げられます。
中堅証券には「岩井コスモ証券」や「「いちよし証券」などが挙げられ、中小証券には「高木証券」や「エイチ・エス証券」などが挙げられます。
また、近年のインターネットの爆発的な普及と、1999年から始まった株式売買委託手数料自由化により、インターネットを利用した証券会社が増えてきています。
カブドットコム証券キャンペーン手数料?【スマホ】